! !! !!! !!!! !!!!! 元うつ病&書籍1000冊を読破した自他認める情報収集&分析家の程川裕規が送る簡易版要約コンテンツ! 書籍1000冊読破した自他共に認める情報収集&分析家の程川裕規が送る簡易版要約コンテンツ!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hodokawayuuki’s blog

ホドの要約ページです🎵

ニーチェへの挑戦状①〜人間の価値はある!マザーテレサを見よ〜

f:id:hodokawayuuki:20151230113757j:plainニーチェは全てのモノや事象に意味を無くしてしまった。それならば人間は生きる価値はあるのか?】

ニーチェは「自他の現象は概念を統合したものに過ぎない」と述べた。 つまり【自分も無いし、あの世もない】と。 それ故、ニーチェは発狂してしまったのだと思う。自分のない者に存在意義や生き方、誇り、絆は無いのだから...。

以前、僕は【人生はタバコの煙のように・・・】と述べた。しかし、それは人間の人生の短さを表す言葉であって、人生の意味を失わせる故の言葉ではない。

僕はニーチェの言いたいことも分かる。 ニーチェは自他、周囲の様々な事象に人が自ら価値を与えて解釈し、今を生きていると言い、価値の無意味化を述べた。

しかし、それならばマザーテレサは?アイルトンセナは?ジョージケネディは?何のために生きて死んだのか??

そこには、神や信念の意義があったはずだろう。彼らには、彼女らには神の輪郭を信じた、世を良くしようという(ニーチェの述べた身勝手な価値付け)があった。 だからこそ、世の中で頑張れた。プライドも持てた。絆があった。幸不幸があった。

僕は無神論者だ。でも他人の神をプライドを、絆を、価値観を否定しない。いや、できない。

そこに人が人間たる生きざまがあるのなら・・・。

あなたはニーチェに虚無感を感じませんか?